「妊娠中の栄養素」-女の悩み

最近、高齢出産で子供をうまれる女性も多くなっている。しかし高齢出産では子供に対する傷害などの危険度も一気に高くなる傾向にある。例えばダウン症の子供が産まれてきたり、先天性の疾患を持った子供が産まれる可能性が高齢出産では急激に高くなってしまうのだ。そこで妊娠中の妊婦が気になる栄養素として葉酸が注目を集めている。これは産婦人科でも言われている事だが、葉酸と積極的に体内に取り入れる事で先天性の疾患を持った子供が産まれにくくなると言われているのだ。葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種になるのだが、代謝に非常に関わりが深くて、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助けてくれる役割があると言われているで。また研究結果では細胞の中で動脈硬化の危険因子でもあるホモシステインというアミノ酸をメチオニンというアミノ酸でコレステロール値を下げる成分に変わる働きがある事が証明されているらしい。この葉酸が不足する事で先天性の疾患を持った胎児が生まれる可能性がとても高くなってしまうため、妊婦は葉酸を積極的に取り入れる動きに産婦人科をはじめなっているのだ。誰でも妊娠中は不安なもの。ましてや初めての出産ともなるとその不安度は誰にもわからないレベルだと思う。葉酸がいくらカラダと胎児に良いからと言っても、体内に取り込むものなので心配は誰でも思うところだ。そこで産婦人科医が進めているベルタ葉酸サプリを摂取する事も最近では妊婦の間で注目を集めているようだ。このベルタ葉酸サプリというサプリメントは、通常の食事で摂取出来ない葉酸を補助的に取り入れるのに向いている。食事だけでは摂取出来ない葉酸をバランスよく取り入れる為にはベルタ葉酸サプリのような補助サプリを利用するのが適しているのだ。今後産まれて来る赤ちゃんのために。母親としてはできるだけの事はしたいと思うものだ。